停車中の追突事故で夫が約51%、妻が約81%、子が約89%賠償金を増額できた事例(弁護士費用特約利用) |福島の弁護士の交通事故被害者救済

賠償金の増額を目指すためには
早期のご相談が大切です

tel.png メールでの
お問い合わせ

停車中の追突事故で夫が約51%、妻が約81%、子が約89%賠償金を増額できた事例(弁護士費用特約利用)

事案の概要

信号で停車していた依頼者運転の普通乗用車に、相手方運転の普通乗用車が追突した事案です。依頼者らの車両には、運転者の夫ほか、妻、子、孫も同乗中でした。依頼者側に、過失はありません。

解決の経緯

依頼者家族は、事故から4日後に、今後の治療や賠償基準について、電話でご相談いただき、受任となりました。同乗者の妻、子についても受任しました。
夫と子は事故から約3か月後に、妻は約4か月後に治療が終了しました。その後、交渉を開始し、いずれも受任から約5.5か月後、主に休業損害、傷害慰謝料の増額により、夫約59万円(約51%増)、妻約84万円(約81%増)、子約47万円(約89%増)で示談できました。

解決のポイント

保険会社からの提示額をそれぞれ検討いたしました。
(夫)休業損害について、単価が適切に計算されていなかったことを主張し、増額を実現しました。傷害慰謝料については、自賠責基準(当方請求額の約58%)での提示でした。交渉の結果、当方請求額の約90%での決着となりました。
(妻)陳述書での立証等により、事故後症状固定までの期間中、平均して20%家事労働が制限されたとしての休業損害を取得することができました。傷害慰謝料については、自賠責基準(当方請求額の約65%)での提示でした。交渉の結果、当方請求額の90%での決着となりました。
(子)傷害慰謝料について、当初、自賠責基準(当方請求額の約46%)で提示してきましたが、交渉の結果、当方請求額の90%での決着となりました。

その他の解決事例

>> 出合い頭衝突事故で、兼業主婦としての休業損害及び車両の評価損を請求し、約40万円(約50%)増額できた事例(弁護士費用特約利用・後遺障害等級認定なし) >> 自転車で横断歩道を走行中の衝突事故で、後遺障害等級9級10号の認定を受け、1100万円以上の賠償金を獲得できた事例(弁護士費用特約利用) >> 信号機のない十字路交差点での四輪車同士の衝突事故について過失割合を有利に変更できた事例 >> 自賠責保険金の支払が認められなかった死亡事故について裁判で賠償が認められた事例 >> 追突事故の被害者が傷害慰謝料を約1.5倍にできた事例(弁護士費用特約利用) >> 友人宅敷地内で、自車から降車中、後退してきた友人運転車両と自車間に挟まれ骨折した事故で、傷害慰謝料を約10%増額できた事例(弁護士費用特約利用) >> 信号無視の相手方との出合い頭衝突事故で、傷害慰謝料を約30%増額できた事例(弁護士費用特約利用) >> 早朝、国道(横断歩道なし)を横断していた80代女性が、軽自動車にはねられ死亡した事故で、過失割合をくつがえし、300万円以上の賠償金を獲得できた事例 >> 約7年前にむちうちで14級9号の後遺障害の等級認定を受けた被害者が、再び事故でむちうちとなり、後遺障害等級14級9号の認定を受け、賠償金を530%以上増額できた事例(弁護士費用特約利用) >> 出合い頭衝突で、助手席同乗者が後遺障害等級併合14級の認定を受け、賠償金約252万円(既受領額を除く)を獲得できた事例

交通事故・後遺障害
無料法律相談のご予約

tel-info

些細な事でもお気軽にご相談ください

相談受付時間 平日8:30~17:30
(土日祝応相談)

ご相談の流れはこちら