自転車で横断歩道を走行中の衝突事故で、後遺障害等級9級10号の認定を受け、1100万円以上の賠償金を獲得できた事例(弁護士費用特約利用) |福島の弁護士の交通事故被害者救済

賠償金の増額を目指すためには
早期のご相談が大切です

tel.png メールでの
お問い合わせ

自転車で横断歩道を走行中の衝突事故で、後遺障害等級9級10号の認定を受け、1100万円以上の賠償金を獲得できた事例(弁護士費用特約利用)

事案の概要

午後のまだ明るい時間帯でした。依頼者は、ショッピングセンター近くの信号機のない横断歩道を自転車で渡っていました。その後方からショッピングセンター側に右折してきた軽自動車に衝突され、自転車ごと倒れ、頭などに重傷を負った事故です。過失割合は、依頼者10:相手方90。

解決の経緯

まず、事故の翌日、被害者の夫からお電話をいただき、初動対応についてアドバイスいたしました。その約20日後(被害者の退院後)、夫が今後の対応について相談のため来所され、受任いたしました。
依頼者は、事故から約1年5か月後に症状固定となり、被害者請求を行った結果、後遺障害等級9級10号の認定を受けました。
その後、相手方任意保険会社と交渉を開始しましたが、隔たりが大きく、訴訟提起となりました。訴訟提起から約1年(受任から約3年6か月)後に、既受領額を除き約560万円で和解となりました。後遺障害等級認定による自賠責保険金を含めると、1100万円以上の賠償金を獲得することができました。

解決のポイント

主な争点は、休業損害、後遺障害慰謝料でした。
①休業損害について
依頼者は、家事に従事しつつ、パートタイマーとして収入を得ていましたが、相手方からの提示額は、パートタイマーとしての休業損害のみでした。陳述書を作成し、主婦としての休業損害を立証した結果、180万円近くの増額となりました。
②賠償額全体について
まず、後遺障害認定自体が、医師の診断が明確でなく、依頼者家族が作成した日常生活状況報告書を主な根拠として認定されていたため、争いとなりました。鑑定人による鑑定が行われる予定でしたが、鑑定人が見つからず、鑑定は行われませんでした。裁判所からの和解案の提示により、中間的な解決となり、当初相手方の認めていた240万円前後から560万円前後へと増額されました。

その他の解決事例

>> 相手方に著しい過失が認められる出合い頭衝突事故で、賠償金を約32万円(約54%)増額できた事例 (後遺障害等級認定なし・弁護士費用特約利用) >> 信号無視の相手方との出合い頭衝突事故で、傷害慰謝料を約63%増額できた事例 >> 脇見運転が原因の、トンネル内の追突事故で、賠償金を夫12%、妻27%増額できた事例 (弁護士費用特約利用) >> 出合い頭衝突事故で、兼業主婦としての休業損害及び車両の評価損を請求し、約40万円(約50%)増額できた事例(弁護士費用特約利用・後遺障害等級認定なし) >> バイクで一時停止中、車同士の出合い頭衝突事故の巻添えになり、後遺障害等級12級13号の認定を受け、1300万円以上の賠償金を獲得できた事例 >> 信号機のない十字路交差点での四輪車同士の衝突事故について過失割合を有利に変更できた事例 >> 自賠責保険金の支払が認められなかった死亡事故について裁判で賠償が認められた事例 >> 追突事故の被害者が傷害慰謝料を約1.5倍にできた事例(弁護士費用特約利用) >> 停車中の追突事故で夫が約51%、妻が約81%、子が約89%賠償金を増額できた事例(弁護士費用特約利用) >> 友人宅敷地内で、自車から降車中、後退してきた友人運転車両と自車間に挟まれ骨折した事故で、傷害慰謝料を約10%増額できた事例(弁護士費用特約利用) >> 信号無視の相手方との出合い頭衝突事故で、傷害慰謝料を約30%増額できた事例(弁護士費用特約利用) >> 早朝、国道(横断歩道なし)を横断していた80代女性が、軽自動車にはねられ死亡した事故で、過失割合をくつがえし、300万円以上の賠償金を獲得できた事例 >> 約7年前にむちうちで14級9号の後遺障害の等級認定を受けた被害者が、再び事故でむちうちとなり、後遺障害等級14級9号の認定を受け、賠償金を530%以上増額できた事例(弁護士費用特約利用) >> 出合い頭衝突で、助手席同乗者が後遺障害等級併合14級の認定を受け、賠償金約252万円(既受領額を除く)を獲得できた事例

交通事故・後遺障害
無料法律相談のご予約

tel-info

些細な事でもお気軽にご相談ください

相談受付時間 平日8:30~17:30
(土日祝応相談)

ご相談の流れはこちら