弁護士と行政書士の役割の違い

インターネットで交通事故の専門家をお探しの際、弁護士のホームページだけでなく、行政書士ののホームページを目にされることがあると思います。
そのため、当事務所でも「弁護士と行政書士はどう違うのですか」、「弁護士と行政書士の、どちらに相談すべきですか」とお問合せを頂くことがあります。
 
まずは、下の表をご覧ください。
 

弁護士と行政書士の業務内容の違い

業務内容 弁護士 行政書士
書類作成 △(※)
示談交渉 ×
調 停 ×
訴 訟 ×
※行政書士は、保険会社に提出する資料は作成できますが、裁判所へ提出する資料の作成はできません。
 
交通事故の被害者救済においては、大きく分けて、次の2つが重要です。
1つ目は、治療や検査・診断書についてアドバイスし、適切な治療を受け、適切な後遺障害を認定してもらうこと。
2つ目は、保険会社と交渉(場合によっては、裁判)をして、適切な治療を受け、適切な賠償金を支払ってもらうこと。
です。
 
また、交通事故の被害者救済においては、上記の両方とも重要なのです。
 
そして、弁護士はそのいずれも可能であり、かつ、一貫してサポートすることができます。他方、行政書士は、代理人として、保険会社と交渉を行うことができません。
行政書士が、あたかも代理人として交渉して、賠償金を獲得すると述べている場合は、法律違反になりますので、注意が必要です。