弁護士に相談するタイミング

交通事故で負傷された事案の場合、できるだけ早い段階で弁護士にご相談ください。
 
突然交通事故に遭われた場合、治療や勤務先への対応などで、大変な思いをされたり、「弁護士に相談するのは、示談交渉でもめてからでいいだろう」「このくらいの怪我では、まだ弁護士に相談するほどではないだろう」と考えておられる方も多いと思います。そのため、ついつい弁護士に相談するのは遅くなりがちです。
 
これまで、「交通事故被害で、弁護士の仕事は保険会社との交渉だけ」と考える弁護士が多かったため、現在でも、「後遺障害の症状が固定して、保険会社から示談の提示があってから、相談においでください」という弁護士もおられるようです。
 
しかし、実際は、事故直後のできるだけ早い段階でご相談いただかなければ、後からでは取り返しがつかないことも多いのです。
 
特に、後遺障害の認定においては、事故直後に然るべき検査を受けておかなければ、後で残った後遺障害との関連性を証明できないことがあります。その点、事故直後にご相談いただければ、どのような検査を受けておくべきか、というアドバイスもさせて頂けます。
 
また、後遺障害の等級認定は1つ等級が違うだけでも、賠償金額は大幅に異なりますので、適正な等級認定を受けることは、交通事故被害者の方の事故後の示談交渉において非常に重要といえます。
 
しかし、一旦、等級が決定してしまうと、後から異議申し立てを行って、より上位の等級を認定してもらうことはかなり難しいのが現実です。
その点、当初からご相談いただければ、最初の後遺障害認定の段階で、適切な検査を受けることや、認定に必要な診断書や資料についても、アドバイスさせて頂けます。
 
逆に、事故から間が空いてしまうと、事故後、後遺障害が残る場合において、適切に対応していなかったために、適正な後遺障害の等級認定を受けることができなくなる可能性もあります。
 
また、交通事故による怪我が、後に後遺障害の等級認定でもめるのかどうか、そもそも後遺障害の等級認定を受けることができるかどうかなどは、予測がつかないことも多いものです。
 
ですから、交通事故で怪我をされた事案の場合、できるだけ早い段階で、弁護士にご相談ください。